最近の子育て支援

働く女性が増えてきた今日。昔であれば結婚して子供が生まれると仕事をやめて家事に専念する家庭も多かったのですが、近年では保育所や託児所などといったところに子供を預けて、出産後も仕事を続ける女性も多くなってきています。看護師に関しても同様です。
しかし、看護師の場合、他の職種と違い、勤務時間がばらばらであったり、夜勤があったりなど、勤務時間が不規則な上に、夜中などの勤務もあることから、通常の保育所では対応していないところも実に多いのです。
東京などの都心部だと仕事の種類もたくさんあるので、24時間対応してくれる保育所も多いでしょうが、地方になると24時間保育を行っている保育所は非常に少ないです。
このように数少ない保育所に子供を預けるためには、病院から遠い保育園を選択しなければならないことも多く、看護師たちの悩みの種になっていました。
そこで、近年増え始めているのが、勤務先の病院に併設されている託児所です。
病院のすぐとなり、又は敷地内に設置されている為、遠くの保育所に預けてから出勤するという手間がありません。
また、自分の勤務時間に合わせて、いつでも対応してくれるため、若干残業などがあっても対応してもらうことも出来ます。
さらには、設置されているのが病院であることから、若干風邪を引いた、怪我をしてしまったなどというときでも即座に対応可能です
何よりうれしいのは仕事が終わってすぐ自分の子に会うことが出来ること、そして自分の子に何かあってもすぐに駆けつけることが出来ることです。
こういったメリットが多いことから、大きな病院では託児所を併設しているところがどんどん増えてきています。

看護師の育児支援についてはこちら—働くママさんナース応援団

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です